血液循環とは

血液循環とは血液が常に一定の方向に血管系を循環する現象のことを言い、閉鎖循環系と解放循環系のふたつに分けることができます。ヒトである哺乳類は前者で、左心室から全身を巡り、右心房に戻る大循環と右心室から肺を巡り左心房に戻る小循環があります。このことから解るように血液は心臓を中心にして身体全体を巡っており、血管には心臓から身体の末端に血液を送る動脈と、身体の末端から心臓に向かって血液を送る静脈があります。血液には酸素や栄養分を運ぶ役割と新陳代謝や老廃物、痛みの原因となる疲労物質などを回収する血めぐりの働きを担っています。

この役割は人がんが生命活動するための重要な役割なわけですが、食生活の変化や運動不足、薄着思志向、ストレスなど様々な事柄が原因で血の巡りが悪くなっている人が増えています。血巡りが悪くなると冷えや肩こり、腰痛や胃腸の不調、肌荒れなど様々な不調を引き起こすのです。血液循環を改善する方法として掌をあてて上下に働かすようにマッサージをしたり、バランスの摂れた食事を摂るようにしていきましょう。

また腎臓は冷えに最も弱い臓器ですから身体を温めてあげることで血行改善の効果があります。そしてずっと動かず同じ姿勢でいると血液循環が悪くなるので、手足を動かすだけでなく筋肉を動かすような習慣的な運動をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です