休止期とは 

休止期とは毛の周期のひとつです。この周期は他にも成長期、退行期がありこの三つを順繰りにサイクルすることで毛が生え変わります。成長期は男性で3年から5年、女性で4年から6年程度続き、毛母細胞が分裂し、伸び始めることで始まります。成長期に訪れても暫くの間は皮膚の下層で伸び続け、暫くすると皮膚表面へと出てきます。更に期間が進むと毛はどんどん伸び、太くなります。成長期が終われば2週間から3週間の間、退行期が始まります。毛球が縮小し、毛の成長させる役割を担っていた毛母細胞の細胞分裂が減少することで皮膚内に残った毛根が次第に押し上げられていきます。この退行期が終わると、3ヶ月から5カ月間の休止期が訪れます。

毛と毛乳頭が離れ、毛母細胞の細胞分裂が停止するため、脱毛が始まります。

毛は一度休止期に入ると毛乳頭部は球のような形になって皮膚の中で休みます。多くの部位が先述した3ヶ月から5カ月間の休止期に入りますが、陰毛は1年から1年半と言われ、他にも部位によって休止期の期間が異なる場合があります。退行期や休止期の場合が、毛根が頭皮部分の亜大ところにあるのでブラッシングやシャンプーなど行うと簡単に髪の毛が抜け落ちてしまうので丁寧に行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です