活性酸素が与える抜け毛の影響

活性酸素は人体に悪影響を及ぼす印象が強いですが、実は体内に侵入した最近やウィルスなど害のある物質を撃退する役割も担っているのです。じかし体内に蓄積され過ぎると正常な細胞を傷つけてしまうので注意が必要です。ヒトは酸素を取り込まなければ生きていけない性質を持っていますがこの行為が活性酸素を発生させる原因でもあります。そして細胞は脂質と呼ばれる細胞膜に包まれていますが、活性酸素と結びつくことで酸化し、過酸化脂質に変化することで細胞の活性機能を低下させます。これが細胞が老化する原因なのです。

実はこのメカニズムは、髪の抜け毛と密接に関係しています。髪は毛母細胞という細胞が生成しているわけですが、これとは別に色素細胞がメラニン色素をつくることによって黒い髪を発毛させます。また毛髪は幾つかのアミノ酸で形成されていますが、このアミノ酸は活性酸素を除去するための役割も担っています。

その為、活性酸素を除去するために消費されてしまうと髪は栄養不足に陥って弱弱しくなってしまうのです。また活性酸素の細胞を傷つける機能が毛母細胞も傷つけるため、髪の生産能力も低下してしまいます。更に老化現象で頭皮の柔軟性が失われると抜け毛の増加につながってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です