薄毛が始まる前兆

薄毛が始まる前兆というのは、必ずあるので、そのサインに早く気付く必要があります。薄毛が進行する前に早く対策をすれば、薄毛の進行速度を遅くすることができます。薄毛を予防するには、薄毛になる前兆をとらえることが大事で、髪にサインが送り出されるのを見逃さないようにする必要があります。 続きを読む

湯シャンの効果について

湯シャンは普段使用するシャンプーたトリートメントに含まれている化学成分に頼らず、過剰に取り除き過ぎていた良質な皮脂を残すことが出来ます。また髪や頭皮が本来持つ殺菌作用や蘇生作用を取り戻し、頭皮の乾燥や皮脂の過剰な分泌を防ぎます。 続きを読む

色素細胞の働き 

色素細胞はメラノサイトやメラニン細胞とも呼ばれる細胞でメラニンと呼ぶ色素をつくる働きを持っています。これは色素細胞のみで形成されるものであることが特徴です。 続きを読む

血液循環とは

血液循環とは血液が常に一定の方向に血管系を循環する現象のことを言い、閉鎖循環系と解放循環系のふたつに分けることができます。ヒトである哺乳類は前者で、左心室から全身を巡り、右心房に戻る大循環と右心室から肺を巡り左心房に戻る小循環があります。 続きを読む

初期脱毛とは

自分の薄毛に気づいて始めに対処しようとするのが育毛シャンプーかもしれません。育毛シャンプーであればお手軽に育毛ケアができるイメージがありますよね。

髪の毛を育てる血行促進成分や、毛母細胞を刺激する成分が配合された育毛シャンプーはネット通販でお手軽に購入できます。しかし、育毛シャンプーの場合、時間がかかるのがデメリットです。

数ヶ月経過しても髪の毛が生えてきた!といった実感はなかなかないのが現状です。そこで次の作戦として使うのが育毛剤ではないでしょうか。

育毛剤は男性用、女性用とわかれています。これは男性と女性で薄毛になる原因が異なるから。男性の場合男性ホルモンが原因で薄毛になりますが、女性の場合はストレスや女性ホルモンの減少で薄毛になってしまいがちです。

また、女性の場合加齢によって薄毛になった場合は男性と同じで男性ホルモンの量が増えたために薄毛になってしまいます。

育毛剤を使って育毛ケアをする際、はじめのころに余計に髪の毛が抜ける初期脱毛がおこることがあります。せっかく髪の毛を生やしたくて育毛剤を使っているのに髪の毛が抜けてしまっては意味がないですよね。

でもこれは心配する必要はありません。初期脱毛は狂った髪の毛の毛周期が正常に戻る過程でおこるものです。なので気にせずそのまま育毛剤を使い続けてもらって大丈夫です。

育毛剤を使う時は様々な種類があるので女性用育毛剤の口コミを読んで自分の頭皮にあったものを選ぶようにしてくださいね。

 

休止期とは 

休止期とは毛の周期のひとつです。この周期は他にも成長期、退行期がありこの三つを順繰りにサイクルすることで毛が生え変わります。成長期は男性で3年から5年、女性で4年から6年程度続き、毛母細胞が分裂し、伸び始めることで始まります。 続きを読む

活性酸素が与える抜け毛の影響

活性酸素は人体に悪影響を及ぼす印象が強いですが、実は体内に侵入した最近やウィルスなど害のある物質を撃退する役割も担っているのです。じかし体内に蓄積され過ぎると正常な細胞を傷つけてしまうので注意が必要です。ヒトは酸素を取り込まなければ生きていけない性質を持っていますがこの行為が活性酸素を発生させる原因でもあります。 続きを読む

角化異常とは

過角化異常とは、肌のターンオーバーが乱れたり、バリア機能が低下することで角質が厚くなった状態です。すると毛穴が塞がり、皮脂が詰まることでニキビを始めとした肌トラブルが起きてしまいます。 続きを読む

育毛によい食事習慣と私生活

育毛によい食事習慣と言えば、栄養バランスのとれた食事が一番です。タンパク質、鉄分、ミネラル、ビタミンEを豊富に含んだ食事を心がけると良いです。育毛によい食事習慣では、特にミネラルが必要です。 続きを読む